スタッフの声 – 緩和ケア病棟スタッフ

ふくやま病院を選んだきっかけはなんですか。

自分が挑戦したい分野の緩和ケア病棟があったのが何よりのきっかけです。また、通勤に便利なのも魅力でした。

現在の仕事内容を教えて下さい。

プライマリーナーシングを基本とし、患者さんだけでなくご家族の看護も行い、患者様やご家族の思いを傾聴し、個別看護を充実させています。また、アロママッサージ・音楽療法も病棟独自の取組として行っています。

ふくやま病院の良いところは何ですか。

1人の患者さんに対して、十分な時間をかけて関わることができるのが緩和ケアならではの良さです。また、病棟の人間関係がよく、様々な経験・知識のあるスタッフが助け合い、協力し合える職場だと思います。加えて、残業がほとんどなく、プライベートの時間が有意義に活用できるのも魅力です。

仕事のやりがいは何ですか。

ご家族の方から感謝のお言葉をもらえた時、患者さん・ご家族の方に「ここに来てよかった」と言ってもらえた時、終末期の貴重な時を患者さん、ご家族の方と共に過ごすことができる時は非常にやりがいを感じます。また、他職種の職員と連携を取りながら、カンファレンスを通じ、患者さんの希望する目標が達成できたときも、関われて良かったなと実感します。

ワークライフバランスについて(仕事と家庭の両立について、仕事と生活の調和)

超過勤務が少なく、プライベートの時間が多くあるのが魅力です。また、正規・非常勤・夜勤専従など多様な働き方があるため、自らのライフワークに合わせた働き方を選択することが可能です。

就職者に向けてのメッセージ

人間関係が良い職場で一緒に働きましょう。