高齢者の方によく見られる、歩くのがつらくなるほどの「ひざの痛み」に対して、「人工関節に置き換える手術」がよく行われます。全国で1年間に9万人以上の人がこの手術を受けていると言われています。

この手術を受けると、以下のようなことが起こる場合があります。
・走ることや坂道を早く下りることが難しくなる
・正座や膝をつくことが難しくなる
農業や漁業など体を動かす仕事をされている方、スポーツ活動を希望される方には、この手術に対して抵抗があるのではないでしょうか。

近年よく見られるひざ関節の治療法として、この「人工関節に置き換える手術」とは別に、手術をすることなく「靭帯や半月板を修復する治療」や「骨の変形を整えることで膝の関節を矯正する治療」が行われるようになってきました。この治療法は、スポーツ選手だけではなく、年齢や生活環境を考慮した高齢者のエイジングケアとしても行われています。

また、ロコモティブシンドローム、通称ロコモ(骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で立つ・歩く機能が低下している状態のこと)という考え方が、メディアにも情報発信されるようになってきました。
ひざ関節のリハビリも、ひざの治療のみを行うのではなく、身体を支える脊椎や体幹の筋肉、股関節や足部の変形も考慮されたものが注目されるようになりました。

まず、患者さんの話をしっかりと聞き、患者さんと一緒に一番良い治療方法を考え、手術を選ぶにしても、保存的加療(リハビリ)を選ぶにしても、患者さんが納得した治療を行いたいと考えています。

ふくやま病院はISO9001を取得しています。