本文へスキップ
兵庫県明石市硯町 山陽西新町駅前 内科・消化器内科・糖尿病内科・外科・整形外科・ 消化器外科・肛門外科・緩和ケア内科・緩和ケア外科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科


糖尿病は日常生活に密接した病気であるため、飲み薬やインスリン注射などの治療のみならず、食事や運動など個々の患者さんに合わせた療養が必要になってきます。
ふくやま病院には医師や看護師、管理栄養士の糖尿病療養指導士が在籍しています。
糖尿病療養指導士は、治療に最も大切な日常生活の自己管理を、患者に対して指導する糖尿病の専門家です。
その他、理学療法士や薬剤師とともに、患者さん1人1人に合わせて療養を支援する体制を整えています。



ふくやま病院の糖尿病療養指導士(左から看護師、医師、管理栄養士)



食事療法

糖尿病だからといって特別な食事をするわけではなく、適切な量を守り、栄養バランスを意識し、規則正しく食事をすることが大切です。糖尿病の食事療法の基本的な考え方や日常における食事の注意事項など、個々の患者の状態に合わせて、管理栄養士がアドバイスさせていただきます。

食事療法を希望される場合は主治医にご相談ください。



フットケア外来

糖尿病の患者さんは、足にまつわるトラブル(たこ、巻き爪、水虫、乾燥、ひび割れなど)が起こりやすく、重症化しやすいため、セルフケアを通して、小さな変化に気づくことが大切です。
ふくやま病院では、週1回、決まった時間帯にフットケア外来を行っています。
足の変化を見るための写真撮影や、足のケア(爪切り・やすりがけ)を行うだけでなく、合併症の1つである神経障害(手足のしびれなど)を発見する検査として、アキレス腱の反射検査や内くるぶしの振動覚検査を行っています。
また、足のケアを行いながら、日常生活での注意事項も指導しています。

日時:毎週水曜日 14:00〜、15:00〜(1時間程度) ※完全予約制
フットケア外来を希望される場合は主治医にご相談ください。


フットケア(爪のやすりがけをしている様子)





透析予防指導

透析が必要になる主な原因が糖尿病の合併症による腎機能の低下です。
透析は日常生活に対して制約を伴うため、透析が必要になる末期腎症に陥らないためにも、定期検査によって腎症の早期発見に努めるとともに、正しい代謝コントロールを続ける必要があります。
ふくやま病院では、週1回、透析予防指導を行っています。
療養指導や栄養指導などをまとまった時間で受けることができます。

日時:毎週水曜 9:30〜12:00(30分間程度) ※完全予約制
透析予防指導を希望される場合は主治医にご相談ください。



糖尿病教室の開催

ふくやま病院では、糖尿病療養指導士を中心として、糖尿病教室を参加費無料で開催しています。
糖尿病の患者のみならず、糖尿病予防に関心のある地域住民にとっても、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士などの話を聞くことができる貴重な機会になっています。
年2〜3回、不定期開催になりますが、開催日が決まりましたら、ホームページや院内掲示にてお知らせしますので、ご興味のある方はぜひお申し込みください。



糖尿病教室の模様



糖尿病通信

ふくやま病院では、糖尿病の予防法や療養法などを機関誌「糖尿病通信」として発行しており、これまでに発行した糖尿病通信の各号がご覧いただけます。糖尿病の予防や療養にぜひご参考にしてください。

各画像をクリックすると拡大表示・ダウンロード・印刷ができます。 

糖尿病通信18号

糖尿病通信 第17号

糖尿病通信 第16号


糖尿病通信 第15号

糖尿病通信 第14号


糖尿病通信 第13号


糖尿病通信 第12号

糖尿病通信 第11号


糖尿病通信 第10号


糖尿病通信 第9号


糖尿病通信 第8号


糖尿病通信 第7号


糖尿病通信 第6号


糖尿病通信5号


糖尿病通信4号

糖尿病通信 第3号

糖尿病通信 第2号

糖尿病通信1号





ナビゲーション





















通所リハビリテーション
「ふれあい通信」最新号



「外来通信」最新号