骨折や捻挫・脱臼などの外傷、関節炎・腰痛・運動器疾患などを主に四肢・脊椎の診療を行っています。

検査としては、レントゲン検査・CT検査・MRI・骨塩量測定を行っています。

治療は、
・薬物療法:内服、注射(関節内ブロック・硬膜外ブロック・神経根ブロック)、外用薬治療
・装具療法:コルセット、サポーターなど
・手術:上肢・下肢の骨折手術(大腿骨頸部骨折、膝蓋骨骨折など)、変形性関節症などに対する人工関節手術、肩の腱板断裂などに対する関節鏡手術
を行っています。