骨折や捻挫・脱臼などの外傷、加齢に伴う変形性関節症などをレントゲン・CT・MRI検査で診断し、薬や注射(ブロック)、手術などの治療を行っています。

一日も早く回復できるように、理学療法士・作業療法士と協力してリハビリテーションを行っています。