地域のお一人おひとりが住み慣れた場所で安心して生活していけるよう、院内での連携と、地域の医療機関や介護サービス事業所、行政とのネットワークを強化することで、地域に暮らす方々と地域の医療・福祉サービスとのつなぎ役としても、より一層尽力していきたいと考えています。

どこでもPケアの「P」は「Palliative Care(緩和ケア)」と「Patient-centered (患者さん中心)」と「Parking(ギアのパーキング)」のP。
患者さんを中心に、何か問題があればその都度ギアをPに入れ、多職種で集まって取り組む緩和ケアを目指します。

当院には医師や看護師、栄養管理士の糖尿病療養指導士が在籍しています。
糖尿病療養指導士は、治療に最も大切な日常生活の自己管理を患者さんに対して指導する糖尿病の専門家です。理学療法士や薬剤師と共に、患者さんひとりひとりに合わせて療養を支援する体制を整えています。

ふくやま病院は、病気でなくても普段から地域の方にご利用いただけ、健康な地域づくりの拠点となる「コミュニティスペース」を備えています。
病院が主催する講座やセミナーの他、地域の方々にイベント・ワークショップ・展示・会議などでお使いいただくことができます。

ふくやま病院では、緩和ケア拡大による正看護師・病棟看護補助の募集に伴い、院内の見学会を開催しております。見学会では当院の職場環境や職員の働きぶりをご覧頂けます。
参加対象:正看護師・病棟看護補助として就職を希望される方