食道静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、胃・大腸ポリープ、胃癌・大腸癌などの病気に対して内科医師・外科医師が連携して検査、治療を行っております。
検査としては上部・下部消化管内視鏡検査(患者様の侵襲軽減のために、極細径内視鏡による経鼻検査や鎮静下での検査を行っています。)、消化管造影検査、CT、超音波検査を行っています。
治療は、
・ 内視鏡治療:食道静脈瘤に対するEVL、内視鏡的ポリープ切除など
・ 薬物治療:胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎に対するピロリ菌除菌療法など
・ 手術:虫垂炎に対する虫垂切除術、嚥下障害・通過障害のある患者さんに対する胃瘻造設術など
を行っています。