胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とは

口または鼻からカメラを挿入し、食道・胃・十二指腸を観察します。
異常を疑う病変が存在した場合、生検(組織をとる検査)やピロリ菌感染の有無も調べることができます。

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)について

ピロリ菌が胃がんリスクを高めると言われています。
若いうちに除菌することで胃がんリスクを減らすことができます。またご年配の方でも除菌することで、食欲回復、胃部不快感の改善がみられることがあります。
ピロリ菌の除菌治療および定期的なフォーアップも行っています。

苦痛の少ない検査のために

当院では先端部外径5.8㎜の細く柔軟性のある電子スコープを用いて検査をします。
経鼻からカメラを挿入することで、経口よりえづきが起きにくくなります。
また、経鼻からカメラが通らない場合、経口からの検査に変更させていただきます。その場合も細いスコープを使用します。

ご希望に応じて鎮静剤を使用して検査を受けることができます。
※鎮静剤を使用する場合、検査後1~2時間程度はお休みいただきます。また、鎮静剤を使用した場合、当日は自動車・バイク・自転車の運転はできません。

胃カメラを受けるタイミングは?

・みぞおちあたりの痛み(空腹時または食後)
・胸やけ、もたれ感、吐き気
・食欲不振、体重減少
・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の既往歴がある方
・黒色の便が出る

症状がない場合でも、定期的な検査をお勧めします。
・家族に胃がんやピロリ菌の感染歴がある方
・早期の胃がんは自覚症状がほとんどないため、胃がんのリスクが高まる40歳以上の方
 
現在、明石市の胃がん健診は血液検査でのABC検診が行われています。
ABC検診でB・C・Dと判定された方は、胃カメラでの精密検査が必要です。

検査予約について

安全に検査を受けていただくため、検査前に診察を受けていただき、既往歴・内服中のお薬の確認、採血、検査の注意事項などの説明をさせていただき、検査のご予約をお取りします。
検査予約の空きがあり、当日朝食を抜いて来院していただければ、当日の検査についてもできるだけ対応させていただきます。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)とは

肛門から盲腸までの大腸を内視鏡で直接観察します。
異常を疑う病変が存在した場合、生検(組織をとる検査)や大腸ポリープがあった場合、その場で切除します。(その場合、一泊入院となります)

苦痛の少ない検査のために

基本的に鎮静剤を使用して検査を行います。
※鎮静剤を使用する場合、検査後1~2時間程度はお休みいただきます。また、鎮静剤を使用した場合、当日は自動車・バイク・自転車の運転はできません。

大腸カメラを受けるために

大腸カメラは大腸の中に便が残った状態では、検査に時間がかかったり、正確な診断ができない、検査が受けられない場合があります。そのため検査2日前より、食事の調整、下剤内服が必要となります。

・検査前日は効率的に腸の中をきれいにするため、消化の良いお食事をとっていただきます。当院では、大腸検査前日用の食事セットの販売(自費)もあります。
・検査当日は腸管内の便をきれいにするため、下剤を内服して頂きます。服用に関して不安のある方は、当日朝に来院して服用することもできます。
・お食事や下剤の内服に不安がある方や管理が難しい方など、検査前日の昼食前より入院していただき、検査を受けることもできますので、お気軽にご相談ください。

大腸カメラを受けるタイミングは?

・下痢、血便、食欲不振、体重減少、
・便が細くなった
・ご家族に大腸がんの方がいる
・健診などで便潜血が陽性だった方。
・大腸ポリープ切除を受けられたことのある方

検査予約について

・安全に検査を受けていただくため、検査前に診察を受けていただき、既往歴・内服中のお薬の確認、採血、検査の注意事項などの説明をさせていただき、検査のご予約をお取りします。
・検査2日前より食事の調整、下剤内服などが必要となるため、当日の検査は受け付けていません。